FC2ブログ

no title

サイボーグ009を観てきた!
2Dにしたかったけど、3D以外はクソみたいに本数が少なかったので前売り券と3D代でそれなりにかかりつつ3Dにしました。
映画館にしばらくいたため劇場版予告編も観れたけどサイボーグだけ三回別バージョン連続放送でした。くどい。
ベルセルクと同じくモーションキャプチャのフル3Dアニメーションだから、動きがぬるぬるしているなあという印象。

まず座席に着いて驚いたのは年齢層の高さだ。
唯一男子高校生三人組がいたがあとは35歳オーバー。一番多いのは五十路くらいのおっさん。
いくら懐かしのアニメとはいえだいぶリメイクされてるからこういう層は敬遠するかと思ってたよ。そもそも来場者も悲しくなるレベルだったけど大半おっさんだった。
あ、あとサントラが売り切れてた。所持金もなかったけど悲しすぎて泣く。曲よかったんだけどな…買おうと思ったんだけどな…

ぶっちゃけサイボーグ好きな人全然いないから詳しい内容を書いても(私が)むなしくなるだけなんだが、
内容は良かったです。リメイクもリアルだとこうなるよなーって感じだし、それなりにキャラ変わってないし。
いやまあぶっとびジェット君とかなりきりグレートさんは二枚目になりすぎてて笑うしかなかったけどね。
ジェットが!ジェットが敬語を覚えてるよ!でも往来のど真ん中で普通に空飛ぶ空気の読めなさは健在でした。
わたしの大好きなおっさんハインリヒはなんか無難なおっさんでした。もっとクズになればいいのに。
ですがハインリヒは全身武器で政府ももて余して窓際についている、事実上鉄屑扱いというところには非常に満足しております。
鉄屑半ニートな彼はギルモア博士の召集に真っ先に対応できていました。
あと戦闘シーンではやっぱりイキイキするというか、かっこいいよハインリヒ。指マシンガンの構造なんかちゃんと考えてあって感心したわ。
まあ……膝ミサイルは……現実的に難しいのはわかってるんですけどね……膝を突きだしスライディングしてミサイルを放つハインリヒはちょっとダサかった。でもそこが素敵。結局は盲目。

ストーリーとしても、リメイクとはいえあくまで石ノ森スタイルを貫いた宗教神話の絡んだきな臭い話で、
石ノ森より難易度増した話になってるから実際あんま把握できてない気もするけど楽しめた


が!


正直に言おう!

最後!

最後おまえ、おまえ絶対おさめきれなくて無理矢理終わらせやがったなこの野郎!!
おまえはエヴァか!
エヴァみたいにまた長い尺で出してくれるならいいけどな!
どうせ続編なんてでねえんだろクソ!!

わかりやすいあらすじを今更言うと、

様々な世界的危機やテロリズムなどを密かに打ち砕いてきた九人のサイボーグたちは、表向き平和な世の中ではそれぞれに暮らしていた。
しかし昨今世界中で騒がれている33件連続自爆テロの真相を探るべく、そして悪を断つべく再び彼らが立ち上がる!

みたいな感じで、この真相に宗教的要素が絡んでくるのですが
これまでのサイボーグ作品というのは、たいてい神そのものが出てきたことはなく神を騙る人間が天罰を謳って傲慢の限りを尽くすものでした。
まあ言ってしまえば神を否定するというか、人間の愚かしさを主軸に置いているというか。
それでサイボーグたちが勝ってもどこか後味が悪い感じになるのがテンプレートです。だいたいいくら倒しても倒してもゴキブリのように残党が息を吹き返してくるし。

それで今回はついに神が出てきた。
いやそれはいい。未完に終わり現在石ノ森の弟子が描いている完結編でも神が出てくるみたいだしそれはいい。
神が出てくるのはいいが、これまたサイボーグテンプレの009(と002)が命を賭けた宇宙での決戦を終え、さあどうやって華麗に復活するのか!とワクワクしていたら

なんか世界変わってた。
そしてなんか無傷で生還してた。

→これこそが彼(神)に願った人間のうち誰かが望んだものである
みたいな。

ええええええええって感じですよほんと。
もうほぼ夢オチじゃないですか。
まあ世界自体は混沌としてるままだけど、自分たちサイボーグが生かされたってことはこれからも正義のために生きて悪を討たないとねみたいな感じでおまえそれじゃけいおんなみのヌルさじゃねーかと。
これ絶対尺が足りなかったんだぜ。序盤から終盤にかけて出てきた光輝く少女も、彼(神)の声を聞いてうっかり虐殺しちゃった002、つまりジェット坊やに起きたことのメカニズムも証明されてないし
007、グレートさんもまた彼の声を聞いて姿を眩ましてたのに最後で普通に出てくるしそもそもグレートさん戦闘してすらなくて見せ場全然ないし
008、ピュンマに至ってはあいつ戦闘のスペシャリストとか言ってるくせにまっっったく出てこなかったしな!!007よろしく魅せられて離脱して一度も戦闘服を着ることなく終わったわ!!
もう必要ないよね!この二人出てくる意味すらなかったよね!!

細々したシーンで実況入れたりして楽しかったんですが、それまで書いてしまうと誰もついていけないうえに二倍くらいの長さになるから割愛するけど、
雰囲気はよかった。映像も音楽も、キャラの感じも非常によかった。
だけど最後でなにもかもぶち壊しだよ。なんてエヴァ状態だよこれは。もちろん悪い意味だ。
エヴァは嫌いじゃないけど執拗なまでのリメイクとこじつけは嫌いです。
最後がちゃんとしてれば最高だったのになあ。
いっそじょはきゅうにすればよかったんだよ。二部作くらいにすればきちんとできただろうに。
マジで説明ないまま終わった感のものたちが憎い。さんざん宣伝してこれか。そして終盤までワクワクしていたというのに!!
すごくよかったのに!!


という感じでございました。
なんだかんだサイボーグ熱がまた膨らんできたけどね。でも流行らないからすぐおさまる。だって昔の作品を消化するしかないもの!
なんだかんだDVD出たら買うけど。
そしてみんなサイボーグにはまれ。流行れ。再燃しろ。

あとは予告編を観ていたら気になる映画がわりとありました。
脳男、のぼうの城、悪の経典。リンカーンも面白そうだけどネタ切れなんだなあとも思う。わざわざリンカーンをヴァンパイアハンターにする必要はなかろう。
ホビットも面白そうだ。
邦画はあまり馬が合わないけど、上の三つは観に行ってみようかな。

日常は忙殺されております。小説書きたい絵描きたいゲームしたい欲がひどい。
今からは派遣会社に出社して給料もらってくるんですが時間潰しに入った喫茶店でいきなりガラス割って泣きたいきもち。
あーハインリヒかっこいい。
スポンサーサイト



2012-10-29 : 雑記 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

鶏卵

Author:鶏卵
人間です

最近のトラックバック

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード