FC2ブログ

お金は増えねばならぬのです

●小説:名もない人二話更新

主人公空気の回と閑話休題、短めレオンくんです。レオン疲れてる。
最初の検分のシーンを読み返したら最後なんかニヤリと笑ってますよね。
本当はなんかもっとこう複雑なあれこれをしたかったんですが、実際にアルバートと会話してたら
なんかレオン振り回されまくってしまったので没になっているようなもんです。
言い訳の後付けをするなら「反予言派だったレオンは予言をぶち壊すかのようなアルバートの行為にwktkしてたけど実際に喋ってみたらアルバートも電波だということを思い出した」的な感じです。
友達がいきなり「自分は悪魔なんだ!」なんて言い出したら真っ先に病院に連れて行きますよね。
自分の予想を遥かに上回ることが起きたら人間余裕なんてなくなるものです。そういうことです。
そういうことにしてください。

一話目の主人公空気の場面は実際よくわからないかもしれません。
いやわかるかな。どうかな。
わからないように、だけどにおわすようにを心がけています。叶っているかは知らん。
アリアナもとんだ内気っ子になりました。ぽっと出のルイスとか今まで空気だったキャスなんかに出番を奪われています。

さすがにそろそろ進みますよ!もうほんとにあとちょっと!
でなんとなくペースもようやく取り戻した気がするので、本編を書くのと平行して最初の方は書き直していきます。
読み直すのはしんどいと思うので、いずれ「展開わけわかんなくなったんだけど」となった時にでも読んでもらえたら。
新しく読む人に優しい文章を努めよう。もちろん崩れない程度に。


昨日のカナヘビちゃんですが、手に乗せたままソファに座ってぼーっとしていると
猫が腹の上に乗ってきました。そしてそのまま寝ました。
24906426_1666741141_165large.jpg
猫とトカゲのコラボレーション。
二匹ともびっくりするくらい気付かなかったんだこれが。
そして私の手はなんかきもちわるいですね。イモムシみたいだ。昨日のはエイリアンだと言われたよ。

十分ほどトカゲちゃんは目を閉じてじっとしていました。
で、それからちょくちょく動くようになって目を開ける頻度も多くなってきたので、
頃合かなーと思って猫をどかし野に放ちましたよ。一瞬でぴゃっと消えたよ。
たぶんさんざん弄ばれて体力が低下していたのと、床にいたから体温も下がってたんだろうね。
元気になってくれたので何よりです。強く生きろカナヘビ。
トカゲよりカナヘビ派です。あの光沢のない渋いフォルムに憧れる……
スポンサーサイト



2012-06-08 : 雑記 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

鶏卵

Author:鶏卵
人間です

最近のトラックバック

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード