FC2ブログ

雲の上で眠りたい

通しがあって死にそうな次の日はなぜかお坊さんと五時間くらい語り倒すというイベントがあったよ。
今日はずっと休みだったけどさすがになんか疲れました。ので休憩。
お坊さんは変な繋がりではなく、仲のいいおねーさんの彼氏なんです。
そういうのってオッケーなんだろうかとか思いました。オッケーなんだろうか。
休憩したらまたサボってしまう癖があるので、明日からはまたバリバリてきとうに書いていきますよ!
第三章はひとまず終わらせたいところ。

あと
拍手を長らく更新してないなあということで、本編と平行して拍手用にシリーズ小説でも書こうかと思います。
同じくファンタジーだけど、ほのぼの路線を狙います。
とはいっても設定はすでにドロドロし始めています。
新作らしい新作ってほんとうに久しぶりに書くなあ。突発的な短編はたまに書くけど。
そして前回の日記以降は小説をろくに書かなかったのでこれ以上書くことがない。

そのお坊さんとの会話は、同じく広島出身ということで同郷ネタで盛り上がったあとで
本題の私自身の宗教についてのことを語りたおす感じでした。
ここで言ったかどうかは忘れたけどカルトまがいのあの仏教宗派です。
三世だしいろんなトラウマがあって個人的にはまったく信じていませんけどね。
ただその宗教を私が語るとなると、宗教と(その信者である)母親とは密接につながっているため
そこらへんの話もしなければならないわけで、なんかめんどくさかったです。
私は早くに無関心を決め込んだから親族の様子なんかもわからないしね。
所属はしているけれど、踏み込んではいない世界。お坊さんの参考になったやら。

なんとも結論のない話でちょっともやもやしました。
それはそれとして、いくら同郷で方言を話したいとはいえ年上の坊さんにタメ語とか無理だ。
主にそこでテンパッた。むしろ標準語になっていた。
ていうか広島弁どうこう以前に私自身とても口汚いのでそういうの聞かせらんねえよ !

とかいろいろ思いました。
ベルセルク読み返しつつ寝ようと思います。
スポンサーサイト



2012-02-03 : 雑記 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

鶏卵

Author:鶏卵
人間です

最近のトラックバック

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード